六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小話(※)

ただ今酔っ払いです。すみません。

*******
「アンタ達って何時まで経っても名字で呼んでるわねぇ」
事務所で敦賀さんと話していたのを見ていたモー子さんが言う。
「え、だって、一応職場だし…恥ずかしいし…」
真っ赤になってゴニョゴニョ言う私にモー子さんは深い溜め息を付いた。
「付き合って一年以上経つと言うのに…相変わらず純情と言うか…お子様よねぇ。敦賀さんも苦労するわね」
何て言う。
違うのよ。モー子さん。

恥ずかしいのは、"キョーコ"って呼ばれると"ベットの中"を思い出すから。

*******
敦賀氏が名前で呼ぶのはベットの中だけがいいなぁと思う今日この頃皆様如何お過ごしでしょうか。

酔っ払いでゴメンナサイ。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/27(水) 23:26:02|
  2. 小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小話2(※) | ホーム | 初リンク~!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunagarekenji.blog34.fc2.com/tb.php/85-1354298e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。