六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緑の日々最終

出して来たのは子供向けの…もしかして、記憶の無い久遠の為に買ってくれたの?
「…いいよ」
何処か寂しげに用意する彼女に、俺は向かい合う。部屋に響くのは駒の動く音だけ。
「最上さん」
「はい」
「…ありがとう…」
全て消えてしまった訳では無いよ。


…初夏の濃い緑の中、君と過ごした久遠の心は、きっと俺の中に残っている。

スポンサーサイト
  1. 2009/05/16(土) 22:23:54|
  2. 緑の日々 (完)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<拍手お返事とワタクシ的事情 | ホーム | 緑の日々18>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunagarekenji.blog34.fc2.com/tb.php/64-9b9cb1d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。