六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェアリーテイル 9

テレビ局の廊下を歩きながらキョーコは腕時計で時間を確認する。
…だいぶ早いけど…このままドラマの収録をしているスタジオに行こう。
明日の学校の授業が気になるが、勉強は帰ってからした方が落ち着いて出来る。
撮り直しは蓮の言葉通り急ピッチで進められていて眼が回る忙しさだが、成績が落ちれば何を言われるか分かっているだけに、疲れたからと帰って直ぐ横になるわけにはいかない 。
きっと今だけだから…頑張れば直ぐ終わるから
腕時計から視線を移したバックには小さながま口に入れたコーンが入っている。そう、今頑張って撮り直しを早く終わらせる事が出来たら、悪い魔法使いを探す時間を作る事も、魔法を解く方法を考える余裕も出来る…
「おい」
聞き覚えの有りすぎる声に一瞬止まりそうになった足を"私じゃない"と否定して早めたキョーコの後ろを、その声は着いてくる。
「メシ食いに行くぞ」
「どーせヒマなんだろう」
「おい」
「無視すんな」
「先輩だぞ?礼儀ってモンを知らねぇのか」
「ああ、声も出せねぇ卵も産めそうにねぇニワトリはツラだけじゃなく中身もバカなのか」
「呆けたふりをしているだけです!それに男の子だから卵は産まないわよ!」
"もう一つ仕事"である着ぐるみをバカにされ思わず振り返ったキョーコに声の主…もう幼なじみとして過ごした時間さえ捨てたい元恋人の不破尚…松太郎がにやりと笑う。
別れた時も、こんな馬鹿にした笑いをしてた。
『お前みたいなガキ過ぎる女、恋人だと思えねーよ』
「へー、そうか。だから中身と一緒で色気も何もねぇのか」
『ちったぁ大人になったかと期待してたのにガッカリだ』
『見掛けだけじゃなく頭ん中までガキのまんまで色気も何もねぇのに恋人どころか女としても見れる訳ねぇだろ』
「あのキャラクターで色気を求める方が間違っているわよ!あんた、わざわざ嫌味言いに来たの!?」
「ちげーよ。たまたまヒマになった短い貴重な時間をオマエの為に使ってやろうと声掛けたんだぞ?感謝しろよ」
「充分!しっかり!たっぷり暇に見えるわよ!いい!?もう、あんたの暇潰しに付き合うような関係では無いし、嫌味を言われる筋合いも無いの!金・輪・際!声を掛けないで!」
「ウルセェよ!あーだこーだ言ってねぇで黙って着いて来い!」
「人の話を聞いてる!?」
掴まれそうになって大きく腕を身体ごと退けた途端、庇うように前に立った人影に眼を見張った。
「敦賀さん!」
「揉めてたみたいだけど…大丈夫?彼は最上さんの知り合い?」
声は穏やかだが、松太郎を見る蓮の視線は鋭い。
「全然全く何の関係ない人です!」
「…そう…?」
「邪魔すんな!お前は関係ねぇだろ!おいキョーコ、話はまだ終わってないぞ!こっち来い!」
「敦賀さん行きましょう!人の話を聞かないあいつに付き合ってたら切りが無いです!」
芸能界のトップを行く敦賀蓮が何故新人とさえ言えないキョーコと親しげなんだという疑問よりも、その仲間入りを果たした自分を蓮が知らない事に苛立って声を荒げた松太郎に、蓮が眉を潜める。
「…そうだね。行こうか」
「人の話聞かねーのはどっちだ!待てって言ってるだろーが!」
「悪いけど、俺達は今から仕事があるんだ」
「仕事?は、どうせこいつは名前もセリフもねーちょろっと出るだけ端役だろ?ニンキハイユウのツルガサンと違って急いで行く事ねーだろ」
「失礼ね!名前もセリフもちゃんとあります!出番だって今までよりずっと多いわよ!」
食事なんて松太郎のデビュー当時から付いている、美人でスタイルが良くて大人な自慢の女性マネージャーと行けばいいのに!
その人と何時も、何時も比較されてきた。今だってきっと暇潰しに比較して子どもだと笑いの種にしたかっただけに違いない…
「いけない!」
バチンと思い切り両頬を叩いて自分を叱咤する。
子どもの夢物語だと笑われて、馬鹿にされて、呆れられて一人きりになっても自分を信じようと決めたじゃない!
バチバチ叩き続ける手を横からそっと触れられて、はっとして顔を上げると蓮の心配そうな視線とぶつかる。
「頬が赤くなってるよ?」
やだ、私ったら!
「す、すみません!お礼も言わず…ありがとうございました !」
「困っている女の子を助けるのは男として当然だろう?仲間なら尚更、ね」
蓮の言葉に、目の前が明るくなったように感じた。
仲間
そう、今は、私一人じゃない
「私今怒りに囚われて…清らかな心でないと魔法は解けないのに…悪い魔法使いが仕掛けた罠に落ちるところでした」
「彼…コーンは助けられないけど、最上さんの助けにはなれそうだ」
蓮がずらした身体の直ぐ後ろにあるドアを開けて、感情に任せて歩き続けて出入口のドアが目前に迫っていた事にキョーコはやっと気付いた。
「何処かに激突するのを防ぐ程度には、ね…どうぞ?」
「先輩にドアを開けさせるなんて!私ったら何て畏れ多い事を…!」
「これも男として当然の事だよ」
「っ…男とか女の子とか、関係無いでしょう!?」
思わず頬を膨らませたキョーコに「ああ」と蓮が笑う。
「じゃあ先輩も後輩も関係無いよね」
「いえ、それは関係あるかと」
「先輩の言うことは聞くべきだよ?」
「関係あるじゃないですか!」
怒ったふりをして蓮の前を通り過ぎる時、蓮の忍び笑いが聞こえて、赤く染まったままの頬を再び膨らませた。








スポンサーサイト

テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/05/10(火) 20:26:57|
  2. フェアリーテイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フェアリーテイル 10 | ホーム | 五月中旬になって締まったら拍手お礼(泣)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunagarekenji.blog34.fc2.com/tb.php/473-d8428bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。