六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2015.12.25 25時19分

お互い同じ仕草を繰り返しているのに気が付いて、くすりと笑い合う。
「落ち着かない誕生日になってしまったね」
急いで窓を開け換気して直ぐラグを拭き鞄を洗い。それでも匂いが残るリビングでは過ごす事が出来ず結局食事もケーキも机のあるキョーコの部屋で食べる事になり…そのまま身体を重ねているがまだ何処からか漂ってきている気がして、ふとした拍子に相手の身体に鼻を寄せてしまう。
「でも一番嬉しい誕生日でした」
そっと、自分の胸元を飾るスタークォーツに触れる。
「初めてサンタさんからプレゼントを貰えましたし…」
「…ああ」
身体全体で喜びを表すキョーコに、朝痛みを感じる程の勢いで叩き起こされた事も興奮を落ち着かせた苦労も全て帳消しになったけれど。
社さんが知ったら、サンタにも勝てなかったのかって笑われそうだな…
ふと脳裏に浮かんだのは、鞄を洗うキョーコの代わりに片付けた不破からのプレゼント。
ボトルに金色のバラが絡み、蓋には妖精が座っていた。
自分が一番キョーコを知っていると思い込んで他の誰かが同じ物を選んでないかなんて考えもしなかったのだろう。親友と同じプレゼントだと知った時のキョーコの反応を見てみたい気もするが、"妖精さんに罪はない"と蓋だけ手元に置かれるのも気に障る。だから敢えて何も言わず、間違ってもキョーコの目に触れないよう厳重に紙に包んで片付けた。
…あげる側が優劣を付けてどうするんだと思うけど、やっぱり気になってしまうものなんだな…
「………な気分です」
「え?」
考え込んで聞き逃してしまった言葉をもう一度と見たキョーコが頬を染め慌てて首を振る。
「いえあの、最後ばたばたしちゃったけど、凄く、凄く嬉しくて素敵なクリスマスと誕生日でしたって言ったんです」
「…ちょっと違う気がするんだけど」
「ああいや本当に!本当にそう言ったんです!」
蓮の訝しがる視線に挙動不審になっていくキョーコに、似非紳士の微笑みを向けると露になった脇腹を羽根のように指先で撫でる。
「ひゃっ…敦賀さ…やめ…くすぐったい…!」
「正直に言ったら、ね…?」
「本当です…嘘、なんて、言ってないです…!」
涙を浮かべて身を捩る姿に再び身体の熱が上がり、そのまま下へと滑らせると甘い悲鳴と共に身体が跳ねる。
その言葉は嘘ではないだろう。
でも誤魔化したそれは、きっと昨夜自分がトップスターに込めた願いに違いない。
昨日今日で、明日のキョーコの身体が心配だけど
その言葉を聞くまでは…いや、聞いても止めれそうにないなと身体の熱をキョーコの奥底へと差し入れた。




スポンサーサイト

テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/12/26(土) 01:19:02|
  2. 中編小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<年末の拍手お礼。 | ホーム | 2015.12.25 20時48分>>

コメント

クリスマスプレゼントありがとう😆💕✨
ございました。焼きもちをやく連さんがかわいいです。
  1. 2015/12/26(土) 11:27:42 |
  2. URL |
  3. いわりん #-
  4. [ 編集 ]

Re: いわりん様

コメントありがとうございます~。漫画の敦賀氏のイメージに沿うように頑張って書いた話なので、喜んで頂けて良かったです!来年もよろしければお付き合い下さいませ~
  1. 2015/12/29(火) 16:14:30 |
  2. URL |
  3. すながれけんじ #u2lyCPR2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunagarekenji.blog34.fc2.com/tb.php/447-ef98fa56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。