六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

何度も恋をする 10

一瞬何処に居るのか分からなかった。
強い夏の日射し、青く生い茂る木々、目の前を流れる河のせせらぎ。
遠い記憶の中にある風景…
「…………京都?」
自分の声の高さに驚いて、口に寄せようとした手が小さい。

もしかして、俺は

人の気配に振り向くと、そこにはツインテールの小さな女の子。
目に涙を溜めたまま、驚いた表情が見るまに笑顔になり頬を染める。
『敦賀さん』
「あなた…妖精さん!?妖精さんね!?私はね、キョーコっていうの!あなたのお名前は?妖精さん、何て言うの?」
ああ…この子は
俺を知らないキョーコ
俺が知っているキョーコ
そして俺は、俺を知らないキョーコを初めて知る。
もしかしたら俺も、気付かないだけで何度も繰り返しているのかもしれない。
だから初めて会った時に見覚えがあって
君を無条件に受け入れて、驚く程性急に惹かれて、恋をして
「…はじめまして、キョーコちゃん」
君が俺の為に時間を繰り返すなら
俺も君との未来の為に何度でも時間を繰り返す。
この後どんな最悪な再会が待っていても
君がどれだけ俺を嫌いになっていても
きっと君は俺に恋をする
「俺の名前は」
何度も出会って
何度も恋をしよう
君の言う"神様"が、俺達の望む未来に変えるまで。



               終


スポンサーサイト

テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/06/23(火) 11:51:10|
  2. 何度も恋をする
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<拍手お礼。 | ホーム | 何度も恋をする 9>>

コメント

すながれけんじ様
初めまして。度々お邪魔しては短編を拝読させて頂いたり、B.P.Dで笑わせて頂いたりしておりました。中でもこちらの“何度も恋をする”は切なくて悲しくて、何か考えさせられるお話しです。時空を超えた永久のメビウスの輪のように何度も何度も出会い別れ、どちらかの記憶だけが残るというのも、辛いですね・・・。記憶喪失と違う先の見えないあるかもしれない幸せに向かって、また出会う。
最後に初めての出会いまで戻っていたのは、今度こそ本当の幸せを掴むためだと私の中で勝手に想像してしまいました。何年か後には二人のかわいい赤ちゃんが・・・・。
素敵なお話しありがとうございました。
  1. 2016/02/23(火) 09:32:11 |
  2. URL |
  3. ひろりん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunagarekenji.blog34.fc2.com/tb.php/407-9bc260b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。