六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

勢いで書いてみる。

どーもどーも。毎度ご来訪及び拍手ありがとうございます。
今回、ちょっと二次に関してワタクシ的に考える出来事がありましたのでそこら辺を書いてみようと。
不快な思いを抱かれるかもしれない事を先にお詫び致します。ご意見有りましたら遠慮なくお書き下さい。


まぁぶっちゃけ被りの問題なんですが。
ワタクシの場合、あまりに気にしてなかったんですよ。
だって元が一緒でしょ?その中の一つのシュチエーションに激しく萌えるのは自分だけで無いわけで。そこからの妄想にしたって性格の決まっているキャラクターを使うんだから同じ様な行動や考えになるのは当たり前で。
パラレルにしてもそれは言える訳で、例えば親子設定にしたらどちらが親になるか、血が繋がっているかいないか、これだけでは四通りしかないですよね?同じ設定を選んだなら、その上で決まったキャラクターを動かすんだから似てくるのは当たり前。
でも、確実に違うのは"雰囲気"と"流れ"。
それは言葉の使い方や書き方の違いや、そこから見える書き手さんの、自分とは違うキャラクターへのイメージから出てくる物。書き手さんの個性。
凄く自然な雰囲気と流れで、読んでいて落ち着くんです。
それは"この方のこの話から妄想しました!"で出来上がった話にもあって、書いた方の"雰囲気""流れ"がちゃんとあるんです。本人さんと周りにそう告知する事によって、更に流れは自然になり雰囲気は良くなります。
でも、被りにはそれが無い。
すっごく中途半端な個性で、不自然な流れ。無理矢理な雰囲気で落ち着かない。告知無しでは尚更。
告知したからって自分の考えや言葉が無ければ意味無いんですけどね。

で、自分の気持ちを書くのが苦手なワタクシが何故こんな事をつらつら書いているかと言うと、どうも今書かざるを得ない状況のようなので。
いやワタクシだって、読んでいる皆様に"うん?"と思われる事があると思います。
それが許されないのはワタクシの勉強不足によるものなので、是非ご指導願いたいです。

自分の考え、言葉で書く事によって書き手さんが楽しみ、読み手さんはその方の雰囲気と流れを楽しむ。
二次はそういう世界だと思います。

あ~何か上手く伝えられない!
やっぱり自分の気持ちを書くのは苦手です~(´;ω;`)
お付き合い、ありがとうございました!

追記:暫くトップに置きますので最新記事はその下をご確認下さい~。


スポンサーサイト

テーマ:管理人日記 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/09/01(月) 12:12:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<熱量 | ホーム | 彼の一面 彼女の意外性>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunagarekenji.blog34.fc2.com/tb.php/335-31e5ef58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。