六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カラフル サードステージ(B.P.D )

鞄の中に入れた覚えの無い布を見付けキョーコは引っ張り出した。
「!!」
咄嗟にしまった"それ"は同じ仕事で一緒に来ていた同室の奏江には幸いにも気付かれなかったらしい。
「あんたお風呂は?」
「ああ~…うん、やっぱり後にするから先に行って?」
ついさっきまで「モー子さんとお風呂!」とはしゃいでいたとは反対のキョーコの様子に眉を潜めたが、あっさりと部屋を出ていく奏江の後ろ姿に涙する。
「つ~る~が~さ~ん~~!」
再び鞄から出し広げたそれは、蓮の下着…つまりパンツ。
蓮は別の仕事で同じ土地に来ている。キョーコは予定通り、蓮は早いロケ地入りで朝方帰ってきて慌ただしく用意した蓮の鞄は、余裕を持って用意したキョーコの鞄の横に置かれていた。
「いくら直前に入れ忘れた事を思い出したにしても有り得ないでしょ!?信じられない!」
ぷりぷり怒りながら時計を見れば売店はもう閉まっている時間。何時も部屋のシャワーで済ませる彼が、入った後に気が付いたら?
ホテルは別で車で15分の距離。
「や、社さんも居るんだし!」
確かホテルの近くにコンビニが無いと言っていた。果たして蓮が疲れている社を自分のミス、しかも下着の為だけに遠くへ買いに行かせるだろうか?
「お、男の人なんだから一日位同じ下着でも!」
スタイリストさんに"あら昨日と同じ"なんて気付かれたら抱かれたい男No.1の人気俳優としては問題なんじゃ…!?
思考の海に沈むキョーコの耳に届く着信音に慌てて携帯を掴むと相手を確認する。
「敦賀さん!?下着!」
『やっぱり最上さんの鞄の中だった?』
落ち込んだその声に自分の思考が去来する。
「私、今から届けます!」
『本当?』
「と、思ったけどやっぱり止めます」
妙に弾んだその声に嫌な予感がした。
「明日も同じ下着履いて下さい」
『嫌だ』
「はい?」
『その下着がいい。それじゃないと履かない。届けてくれないなら明日は無しでいく』

天下の敦賀蓮が。

身長190センチの二十歳も過ぎた男の人が。

な ん で す か 
その"ヒーローパンツじゃなきゃいやだ"って駄々を捏ねる幼児的な発言は。

「あのですね敦賀さん、それは大人としてどうかと」
『絶対それしか履かない』
声で本気と分かる自分が恨めしい。
『もう一度言うよ?』
「分かりました!届けます!届ければいいんでしょ!?最上キョーコ、今から敦賀さ
んに下着を届けさせて頂きます!」
ばちんと通話を切ったタイミングで戻ってきた奏江の目の前で、キョーコはがっくりと頭を垂れた。
「…モー子さん、私今から敦賀さんを大人にしてくる…」
「は?」
のろのろと支度をするキョーコの鞄の横にはヴァイオレットカラーの男性用下着。
「間違えて入ってたの?っていうか、あの人こんな色履くんだ」
「うん…いや、私が買ってきたんだけどね…お陰で大変な目に…今だって"これじゃなきゃ嫌だ"って訳のわからない駄々捏ねて…」
全然鞄が違うのに何で間違えるかなとぶちぶち言いながら下着を入れるキョーコに

それはあんたを夜呼び寄せる為にわざとしたんじゃないかしら

とは馬鹿らしくて言えない。
蓮が近くに居ることは知っている。一言会いたいと言えば行くだろうキョーコにわざわざこんな事をするなんて、あの人だいぶ"大変な目"に遭わせたんだわと同情の視線を親友に向けた。
そしてきっと今からも"大変な目"に遭うんだろう。
「渡したら直ぐ帰るから」
「そう。ところで集合時間は覚えてる?」
「え?うん」
「朝食の時間は?」
「覚えてる」
「私気持ちに余裕を持つ為に30分前行動がしたいの。覚えておいて」
「分かった。帰ってきたらガールズトークしようね!」
そう言って出ていったキョーコから時計に視線を移し、きっかり5分計ってから明かりを消して布団に潜り込む。
10分位は助ける事が出来るんじゃないかしらと思いながら、明日の仕事の為に目を閉じた。




スポンサーサイト

テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/14(土) 03:46:52|
  2. B.P.D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<X Y ! | ホーム | B.P.D落書き>>

コメント

敦賀さん、、、大人としてどうかと(笑)

「明日は無しでいく」
ぶほっ!ナシって、敦賀さん!!!!
キョーコちゃんの構い方を新たに発見して、はしゃいでいるかのようですね〜
ちゃんと電話してくるし、なんというか。
キョーコちゃん、カラフルな引き出しのために、、災難。

  1. 2014/06/15(日) 11:56:11 |
  2. URL |
  3. moka #-
  4. [ 編集 ]

moka 様

ほんと、大人としてどうかと(笑)

キョーコちゃん関しては手段を選ばない男、敦賀蓮(笑)

キョーコちゃんは朝食10分前に帰ってきたそうです(笑)
  1. 2014/06/21(土) 05:06:56 |
  2. URL |
  3. すながれけんじ #u2lyCPR2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunagarekenji.blog34.fc2.com/tb.php/309-d2885bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。