六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

クロスワールドafter 後編

蓮が何かを探して次々に部屋のドアを開けてはしきりに見渡している。
彼はあの後一緒に食事をして慌ただしく仕事で泊まっているホテルに戻ったはずなのにと考えて、ああ夢かと思い付いた。何を探しているのか聞こうとして、ふと夢ならばと呼べない名前を口にした。
「蓮さん」
振り向いた蓮が驚いたように自分を見た後、安心したように微笑むのを見てやっと気付いた。
"蓮"は一緒に生きようと誓った23才の恋人の名前。だから彼はそう呼んで欲しかったんだ。
「蓮さん」
恥ずかしがらず、もっと早く呼べばよかった。帰ってきたら勝負なんて言葉で誤魔化してと怒ってやらなくては。
そう思いながら笑い、その大きな手を掴んだ。


驚いて目が覚めた蓮は顔が赤くなるのが分かって思わず腕で覆った。
「…不意討ちはなしだ」
夢の中で蓮はキョーコを探していた。"15才のクオン"のところに行ってしまったのか、それとも"敦賀さん"には頼らず一人で生きていくと出て行ってしまったのかと居る筈の彼女を探して次々に部屋のドアを開けた。
「蓮さん」
呼んで欲しい名前で呼ばれて振り向いたその先の顔は、初めきょとんとしたものの見る間に頬を染め、甘く、そして少し咎めるように再びその名を呼んだ。
「蓮さん」
きっとキョーコは夢だと思っているだろう。けれど自分には分かる、あれは天国の門の前だという事が。その証拠に、掴んだ手の温もりがしっかりと残っている。
キョーコは何時も、何処に居ても自分の不安定な感情を受け止めて、その小さな手で明るい方へと導いてくれる。今だって開かれた天国の門の向こう側両手を差し伸べてくれた。
今度帰ったらきっと彼女は"蓮さん"と呼びながらお説教するだろう。ちゃんと聞かないと長くなる。でももう"15才のクオン"でも"他人の敦賀さん"でも無く"23才の蓮という名の恋人"だから、その唇を塞いで今度こそ自分の中に取り込んで。
不安に思う事なんて何もなかった。

自分がそうであるように、彼女もずっと、側に居てくれるのだから。




スポンサーサイト

テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/06/07(土) 05:04:54|
  2. クロスワールド (完)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<企画!B.P.D! | ホーム | 拍手お礼とかいろいろ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunagarekenji.blog34.fc2.com/tb.php/303-0b543a28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。