六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

STING!13

広い広いと思っていた部屋は何もかも無くなったら更に広くなった。ここで一ヶ月と一週間過ごしたなんて信じられない位がらんとしている。
本当にいろいろあったな………

と く に こ の 一 週 間

隣に立つ敦賀さんを見るとやっぱり淋しそうな顔をしている。そうだよね、ずっとこの部屋で暮らしていたんだから。そしてここから世界へ行くんだわ…
一人で。
じわっと涙が出そうになって慌てて頭を振る。
駄目よ泣いちゃ。門出なんだから笑わないと。敦賀さんなら絶対世界のトップに立つ、その第一歩なんだから。
「私、帰ります」
もう一生会えないかもしれない大切な人を見送る勇気がなくて頭を下げる。先に自分から離れれば寂しさも悲しみも半分で済むかもしれない。
「身体に気を付けて、ご飯はちゃんと食べて下さいね」
そう言って背中を向けた。
「最上さん忘れ物」
忘れ物?最後にちゃんと確認したのに何を?
振り返ると差し出された敦賀さんの手には鍵。
「それ私のじゃないです」
「最上さんのだよ。新しい部屋の鍵。直ぐ住めるようになってるけど鍵が無いと入れないよ?」
新しい部屋?直ぐ住める?
「…私だるまやに帰るんじゃ…」
引っ越しは敦賀さんに任せきりだった。
「こちらでの仕事を減らした分俺の方が時間があるから任せて?その分俺を縛る事だけ考えてよ」
なんて事言われちゃって本当にそうしてた。お陰でこれ以上ないって位濃厚な時間を過ごす羽目になり得体のしれないモノがどういうモノで恋人同士のあれこれにはあれが伴うという事をしっかりがっつり教えて頂く事になりましたが。
「だるまやに帰ったら俺が日本に帰ってきた時二人きりで過ごす時間が減るじゃないか。だから人目も時間も気にする必要のない一人暮らしができるようにしておいたよ。あ、ベットは俺と最上さんが一緒に寝れるぎりぎりの大きさにしておいたから」
はぁああああ?
「も、日本に帰ってこない、んじゃ…」
「そんな事言ってない。所属はLME のままだから定期的に帰って来るよ?」
また私の思い込み!?
「…もしかして、分かってました?」
「何を?」
「私が勘違いしている事です!」
「うん。でも盛り上がっているようだから言わなかった。お陰で俺は最高に素晴らしい時間を過ごせたよ」
さらっと!さらっと言いましたよこの人!
「だるまやに帰っていいって言ったじゃないですか!」
「寮に入っても一人暮らししてもいいも言ったよ?それについての答えが無かったから俺が決めさせてもらった」
「私がすっかり忘れている事に勿論気付いてて、というか一人暮らしさせる気で」
「やだな、最上さんに気を使ったのに騙したような言い方して」
なに傷付いた顔してるんですか!
「…もう、いいです」
「何が?」
「復讐です!慰謝料もいらない全て返すから私の気持ちを返してー!」
「それは無理だよ。大体どうやって俺の貞操を返すの?」
「貞操は女の人が使う言葉です!」
「教えてくれてありがとう。じゃあ別の言い方で。最上さん俺に処じ「うーわー!それ以上言わないで!怖いから!」
「新しい部屋だって俺が契約者なんだよ?直筆のサインが無いと解約出来ないよね?俺の部屋だから家賃は払うし勿論そんな書類に名前を書く気はないから」
…もしかして。
もしかしなくても鎖でぐるぐるに縛られて首輪も長いリードも付けられたのは私の方だとやっと気が付いた。
呆然とする私に、にっこりと悪魔が笑う。
「往生際が悪いよ最上さん。いい加減諦めて現実を受け入れたら?」

私はこの人の側に一生いるのか。

まな板の鯉になりたくてもなれそうにもない自分に、一生どころか千年分の溜め息を付いた。



スポンサーサイト

テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/04/26(土) 18:30:58|
  2. STING! (完)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヘリウム | ホーム | 夜中に眼が覚めたので拍手お礼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunagarekenji.blog34.fc2.com/tb.php/285-192b5e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。