六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緑の日々7

「あ、ちょっと蓮さん、大人しくしていて下さい!足が何時まで経っても治らないじゃないですか!」
「うるさいなぁ…いいじゃん、少し位」
今の状況が分かって無いのか、あちこちウロウロ歩き回る敦賀さん。
「少しって、さっきも…ほらもうすぐ食事出来ますから、座ってて…ってまた!」
「トイレだよ!」
「ご、ゴメンナサイ」
真っ赤になってしまった私をキョトンと見ていた"蓮さん"の表現がみるみる変わって行く。これは…悪戯っ子の顔だ。
「…キョーコちゃん」
「はひ?」
「キョーコちゃんも一緒に行く?」


………敦賀さんの神々しい笑顔でそんな事言わないで~!
スポンサーサイト
  1. 2009/05/05(火) 21:32:19|
  2. 緑の日々 (完)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緑の日々8 | ホーム | 緑の日々6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunagarekenji.blog34.fc2.com/tb.php/23-f0c0464f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。