六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幼なじみ 13

試合がもう始まっている。
球場の外からでも分かる盛り上がりに慌ててチケットを確認して席に向かう。
一年振りに逢うのに遅刻してしまった。
原因は電車に乗り遅れるほど悩み抜いた服。靴は思い切って買ったんだけど。
「遅くなって、ごめんなさい」
「大丈夫。まだ試合動いてないから」
グランドから目を離さず答える人の手には、ビール。
「駄目だよ。未成年なんだから」
「言わなきゃバレないよ」
…何度もメールや電話して気が付いたけど、普段凄く真面目なせいか気を抜いた時との落差が激しいんだよね。取り上げる時向こう隣に座る人が男の人なのに気が付いて少し安心する。
選手がバッターボックスに立つ度に起こる応援歌。お父さん達が観ていたテレビからでは分からない迫力。溜め息、歓声、野次、声援。その中でベビーカーに乗った赤ちゃんがスヤスヤと寝ている。
「凄いね。うるさくないのかな?」
「きっともう、慣れてるんだろうね」
「こうして、小さい時からずっと接してて好きになっていくんだね…蓮ちゃんはいつから、好きだったの?」
「初めて会った時から」
よく覚えてる。知らない国に来てしまった事とか、このままお母さんに会えないんじゃないかとか不安だった。そんな俺にキョーコちゃんは笑って、抱きしめて、頭を撫でてくれたんだ。天使ってキョーコちゃんの事だと思ったよ。
ボン、と顔が火を吹く。や、野球の話の筈なんだけど!
「わ、私、普通の女の子だよ」
「うん。キョーコちゃんが普通の女の子で本当に良かった。天使だったらキスどころか抱き締める事も出来ない。」
「なんか前帰って来た時と性格変わってませんか!?」
思わず肩を叩こうとした手を蓮ちゃんに捕られて握られる。
キョーコちゃんは怒ると敬語になるよね、って言いながら。
「小さい時からこうだよ?キョーコちゃんが俺に気付いて、駆け寄って、抱き締めてくれるのをずっと待ってた」
ししし知りませんでした!
「蓮ちゃん、恥ずかしいから手離して」
自分からは離せないから。
「ダメ。大丈夫みんな気付かないよ。ほら、七回裏だ」
球場いっぱいに響くファンファーレ。
色とりどりの風船がライトに照らされた夜空に飛んでいく。
「…蓮ちゃんは、ずっと私の側に居てくれるんだよね?」
「キョーコちゃんも、ずっと俺の側に居てくれる?」
突然周りが立ち上がり大きな歓声が沸き上がる。
「あ、蓮ちゃん」

ホームランだよ、という私の言葉は蓮ちゃんの口の中に消えた。




スポンサーサイト
  1. 2013/12/02(月) 05:48:30|
  2. 幼なじみ (完)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<拍手お礼とお返事と心の叫び | ホーム | 幼なじみ 12>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunagarekenji.blog34.fc2.com/tb.php/223-2e6d0982
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。