六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緑の日々1

その日俺は確かに少し焦っていた。撮影が共演者のリテイクで長引き、次の撮影までの時間が無かった。おまけに土砂降りの雨で、道路は渋滞。
「何か前のトラック、危なくないか?」
助手席の社さんが呟く。
「そうですね」
フラフラと左右に振れるトラックを、早めに抜いてしまおうと少しアクセルを踏み追い越し車線に出たその時。
「危な……………!」
ウィンカーも出さずいきなり割り込んで来たトラック。
咄嗟に思ったのは助手席の社さんの安全と



………………彼女。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/04(月) 18:34:08|
  2. 緑の日々 (完)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緑の日々2 | ホーム | 30センチ(奏江VS蓮)4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunagarekenji.blog34.fc2.com/tb.php/17-810836a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。