六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

I LOVE YOU を訳しなさいバトン2

「自分自身が知らなくて相手が知ってるなんて…そんな事あるんですか?」
「…知りたい?」
「…いいです」
「同じ様な訳で"君の総ては俺のモノ"っていうのは?」
「…その顔で言われると何か卑猥です。あれ?そう言えば…似たようなセリフ、何処かで聞いたような…」
「…どこで?」
「う~ん…あ、思い出した!ジャイアンだ!」
「ジャイアン?」
「ドラ〇もんのジャイアンの名セリフです!"お前のモノは俺のモノ、俺のモノは俺のモノ"。よくよく考えると自己中心的ですが、一種の愛情表現ですよね!」
「…」

すみません。こんなオチで…(泣。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/20(土) 19:28:55|
  2. 短編小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<拍手お返事。 | ホーム | I LOVE YOU を訳しなさいバトン1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunagarekenji.blog34.fc2.com/tb.php/128-ff43f24a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。