六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

I LOVE YOU を訳しなさいバトン1

いや誰かから回ってきた訳では無いんですが。面白そうだからちょっとやってみよっかな~って。絶対誰かとダブってるよ…

「敦賀さん、I LOVE YOUを愛してる以外に訳するとしたら、どう言いますか?」
「いきなりだね」
「英語の宿題です。夏目漱石は"月が綺麗ですね"、二葉亭四迷は"私死んでもいいわ"って訳したそうです。で、自分達で訳してみなさいって先生がおっしゃって」
「ロマンチストな先生だね。で、最上さんは考えたの?」
「一応…"同じ夢を見たい"と…」
「夢?」
「結婚して、子供は何人とか、どんな家に住みたいとか、二人でどんな風に年を取りたいとか」
「なるほど」
「敦賀さんならどう訳します?」
「そうだな…"君の総てを知りたい"…かな」
「総て…ですか?」
「そう、秘密は勿論、彼女自身が知らない事まで総て」
スポンサーサイト
  1. 2009/06/20(土) 19:15:56|
  2. 短編小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<I LOVE YOU を訳しなさいバトン2 | ホーム | スキビ22巻!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sunagarekenji.blog34.fc2.com/tb.php/127-4ea095cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。