六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Card of cups 17

中へ入ろうとした社の鼻先でドアを閉めると「直ぐ行きます」と声を掛けてリビングに戻りジャケットを手にする。
「あれ?今のチャイム、社さんですよね?」
「うん、急ぐから外で待つって」
キッチンから出てきたキョーコからお弁当を受けとると「ありがとう、いってきます」と風のような早さで玄関を出て、追い付けないキョーコの「いってらっしゃい」にドアの隙間から微笑みで応えた。


「キョーコちゃんに話があったのに!」
車に乗ってやっと言えた不満を無表情で聞いた蓮が社の手元を一瞥すると、漸く口を開く。
「……それ、新しい書類ですよね」
「そうだよ?急がせる気は無いけど他の人に決まったのもあるから定期的に渡さないと。キョーコちゃんがその気になった時に使えなかったら意味無いし…あ、お前から渡してくれる?」
「嫌です」
「え?」
「嫌です」
「……………」
「……………」
「嫌です」
「わ、分かったから…なんだよ、子どもみたいに。大体キョーコちゃんを部屋に入れたのは責任感とか同情からじゃ無かったのか?」
「……………………無かった、です」
小さな声で応えた蓮が、参ったとばかりに溜め息を付く。
「認めますよ、子どもみたいだって。感情に振り回されて周りも自分自身も全く見えてませんでした…本当に好きな相手にはなりふり構えないものだと初めて知りましたよ」
「お、やっと自覚したか。で…告白したのか?」
「昨夜気付いたばかりですよ?彼女は相変わらず俺を雇い主としか見てないし…散々醜態を見せてきた上に焦って嫌われるような事だけは避けたいんです」
「そんな事言ってる間にキョーコちゃん出ていっちゃうぞ?」
軽く口にした言葉に、蓮の表情に影が落ちる。
「だから…出ていけないようにしようかと」
「へ?」
「食器だけじゃなく、服とか…家具とか…荷物を増やせば、そう簡単には…」
「れ、蓮?」
「ああ…物を増やしても居心地悪ければ意味無いですよね…部屋に居る時間は最上さんの方が長いから、彼女に合わせてリフォームを…先ずはカーテンとラグを彼女好みにして…それに合わせてソファーも」
「ちょっと待て!今そんな事したらキョーコちゃん引くぞ!?」
「…………冗談ですよ」
じゃあその間は何だよ!?
突っ込みを入れようとした口を閉ざし、社は不安気に蓮を見る。
本当に子どもなら想像だけで済むが、目の前に居る男は経済力も行動力もある大人。今は嫌われたくないという気持ちがブレーキを掛けているが、それが外れてしまうような事態が起こったら…
「俺が原因で出ていくような事は絶対しません」
「なっ!?」
「何時までも閉じ込めておくつもりもありません。ただ…今の関係のまま離れてしまうのだけは避けたいんです。だから…暫くそっとしておいてくれませんか?」
暫くって、どの位?
きっちりと線を引いているキョーコが今の関係から一歩出るのにどれ位の時間がかかるのだろう?その前に部屋を出る決心をしたら?自覚した蓮の暴走をたった今見ただけに不安が増す。
「…欲しいと言われたら、直ぐ渡すからな」
オブラートに包んで刺した釘に蓮が真剣に頷いたのを確認して書類を鞄にしまう。
ブレーキになると思っていた自覚は思いの外弛いが、 "自分が原因で出ていくような事はしない"という言葉を信じるしかない。
……俺、マネージャー失格?
一つ屋根の下で好きな女の子と二人きりでとか、もし気持ちがまだ不破にあって蓮がそれを知ったならとか。考えれば考える程、担当俳優に対して不安しか覚えない自分に落ち込んだ。









スポンサーサイト

テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/09/24(土) 11:59:03|
  2. Card of cups
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。