六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フェアリーテイル 10


"あいつ"とはどういう関係?

わざわざ聞かなくても、女を名前で呼ぶ男とそれを当然と受け止める女の関係なんて想像が着く。そして、キョーコの様子から何があったかも。
…多分、"あいつ"はキョーコを痛い目に合わせた相手。しかし本人にその自覚が無くて…だから声を掛ける事も、触れる為に近付く事も出来たのだろう。
…それが何時の事かは分からないけれど
『…………そうか…』
先に背を向けて歩き出したキョーコには届かなかった呟き。安心したような声音に少し振り返り見たのは、何処か嬉しそうな表情。
…"あいつ"はまだ、彼女を心配している…
「蓮、キョーコちゃん。帰るから挨拶に来たって」
社の声に持っていたペットボトルからドアへと視線を移すと、控え室のドアからキョーコが顔を覗かせている。
「今日はありがとうございました。お先に失礼します」
「…もう遅い時間だし、一人で帰るなら此所で待ってて。俺も後一時間位で終わるから送っていくよ」
「お気遣いありがとうございます。でも今日はできるだけ早く帰りたいので」
「じゃあタクシーを使いなさい」
「え?でもまだ電車が動いている時間ですから」
「社さん、最上さん一人だと歩いて帰りかねないので乗るまで付いていて下さい」
「そんな事しません!早く帰りたいって言ったじゃないですか!」
「え~と…キョーコちゃん、歩いて帰るはともかく、蓮の言う事は間違って無いから…先輩の言うこととして聞いた方がいいんじゃないかな?」
関係無いって言ったのに!
そう顔に書いたキョーコが社と歩いて行くのを見送って、控え室のドアを閉める。
…俺には、関係の無い話だ。
17才の女の子なら恋もするし、その相手にどんな仕事をするか、したかを"あいつ"に話していても何もおかしくない。
別れた原因も、キョーコからしたら触れられたく無いだろうし自分も知ろうとは思わない。
なのに二人きりになると口にしそうで…
……だから、聞く事なんて何も
「キョーコちゃん今日"は"って言ってたけど…何かあったのか?」
戻った時、蓮が既に仕事に入っていた事もあり、ずっと黙っていた社が車に乗り二人きりになった途端"待ってました"とばかり口を開く。
「別に何も」
「無いわけ無いだろう。誰に対しても何時も"お疲れさま"で終わるお前が終わらなかったんだから」
「…彼女、思い込んだら周りが見えなくなるので」
「ああ…蓮に謝りたい一心で、場所も知らない社長室へ駆けてったな」
「テレビ局で会った時、考え事をしていてドアにぶつかりそうになるし」
「だから今日"は"なんだ」
「月…が綺麗だったからと、夜中に外で街灯の光も届かない暗闇に一人で立っていた事もありました」
「えっ!危ないなぁ!」
「女の子という自覚があまり無いみたいで…心配する位なら先手を打った方がいいかと」
「確かに…俺も気を付けておくよ」
「お願いします」
「まぁでも、お前の心配が全然届いて無い訳じゃないと思うよ?」
"秘密"を伏せた蓮の話に納得した社が笑う。
「外に出たら月が出てて。凄く嬉しそうに見た後、俺を見て蓮を思い出したらしくてはっとしてた。一人だったら本当に月を見ながら歩いて行きそうな感じだったな」
それは多分、心配を掛けてはいけないとかではなく
降り注ぐ月光に我を忘れて
魔法が早く解けそうだと言おうとして
隣にいるのが自分ではなく社だという事に気付いただけで
「…だといいんですが」
社に彼…コーンの話をしなかった
その事にふと心が軽くなって、気付く。
分かりきった話の先…知りたかった事。
"あいつに話をしたのか?"
駆け寄って、笑顔を向けて
時には真剣に、耳許に口を寄せて声を潜めて
眼を輝かせ空を見上げてお伽話を、二人だけの秘密の話を…"何時かきっと"と未来の夢を
…自分と彼のように、キョーコも"あいつ"と夢を語っただけ。
ただそれだけの事が何故、こんなに気になるのだろう?




スポンサーサイト

テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/05/30(月) 21:25:39|
  2. フェアリーテイル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。