六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

言の葉の国 7

「お帰りなさいませ」
上リ口に正座し手を付き深く頭を下げたキョーコの姿に、蓮は引き戸に手を掛けたまま固まった。
「…三つ指付いて迎えてくれるなんて、奥さんみたいだね」
「謝っているんです!寝呆けてお仕事のお手伝いが出来なかった事への謝罪です !」
「ああ、そうなんだ。疲れていたんだから気にしなくていいのに」
「借りを作りたくないんです!で、どうでした?依頼人に会って来たんですよね?」
居間へと向かう蓮とは別に台所に立つ。
「お昼は食べましたか?」
「いや…いい。やっぱり女の怨みを買ってるね。後ろにべったり張り付かれていたよ」
女の、怨み。

ナゼ
ドウシテ

じわりと沸き起こる、闇。
あんな夢を見たせいだ。
「…本当に怨みなのかな…」
「どういう事?」
「いえ、怨みには間違いないんでしょうけど…原因によって…質が違うというか…」
「質?」

アナタハワタシノ

「…裏返し」
そう、それは
コーヒーを淹れようとかけたケトルのけたたましい音に、我に返って慌てて火を消す。
もう捨てた筈のそれが
その名を口にするのを待っている
「敦賀さん、源氏物語はお読みになりましたか?」
キョーコを飲み込もうと
心の
身体の何処かで
「一応…ああ、そういえばそんな話があったね。夫が通う相手を生き霊となって苦しめた末にって」
「何で相手なんでしょうね!?浮気した夫が悪いのに!」
口になんかしない。
私の気持ちは、そこから来てなんか、いない。
「…今回は男に向かったって事か」
「もう一人の自分を作っちゃうパワーがあるなら、それを他に向ければいいのに。仕事とか習い事とか、自分磨きに使って見返してやればいいのにって、そう思いませんか!?」
そう、だから、髪を切って染めてファッションにも気を使って、占いの道を極めて有名人になろうと
コーヒーを運んできたキョーコに礼をして、口にしようとした蓮がその手を止める。
「…それって、その間ずっとその男を想っているって事だよね」
うっすらと微笑を浮かべた唇から出た言葉に、息を詰める。
「聞き方によっては、男が戻って来るのを待っているようにも…ああ、それとも、自分から?」
家の何処かから、笑い声が聞こえた気がした。






スポンサーサイト

テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2015/05/30(土) 19:15:00|
  2. 言の葉の国
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。