六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

damage (B.P.D )

ランドリーバスケットを前に、セツカ…もとい、キョーコは固まった。
「これ…着けてたの?」
目の前には"兄さん"の洗濯物。もっと具体的に言えば、黒のパンツ。
何度見てもどうひっくり返してもそれはブリーフ、というよりはビキニに近い。
「こ、こんな破廉恥な物を…まさか、普段から…!」
敦賀蓮の笑顔で、うっかり見てしまった裸体に、この下着…
「似合わない…」
自分勝手なイメージだとは分かっている。だけど
「敦賀さんはもっと慎ましやかで上品な下着を…そう、例えば、ボクサータイプとか…って、そうか!」
兄さんの、カインのイメージで着けてるんだ!
「セツカがエロカワ下着のイメージみたいに、兄さんのイメージでは確かにこっち!ボクサーは無いかも!用意されて渋々着けてる私と違って、自分でそこまで考えて自ら進んで着けてるんだわ!流石敦賀さん、役の掘り下げが深い!」
件の下着を握り締め、きっと顎を上げる。
そう考えるとこの下着さえ尊敬出来る。
出来るけど。
「兄さんだもん!敦賀さんじゃないもん!ワイルドでアウトサイダーな男の人ならこの黒い下着は当たり前よ!決してボクサーがいいとか黒以外の色も似合うんじゃ無いかとか考えちゃ駄目!セツカなら"兄さんらしい"と余裕で微笑まなくちゃね!」
景色が滲んで見えるのは何故だろう?
それはきっと、私がセツカに成りきれて無いせい。
「そう余裕で!大体下着なんて着けてなきゃただの布切れよ!どれだけ面積が少なかろうとどんと来いよ!」
それでも"兄さん"の下半身と一緒に敢えて"それ"を見ずに過ごした生活も終わり、普段の生活が戻ると頭をもたげる理由の分からない不安。
蓮の笑顔を見るたびに思い出す面積が少ない布切れ。
聞けないそれを解消できる機会は案外早くやって来た。
「蓮の食事をおね「喜んで!」
若干引き気味の社から鍵を奪うようにして訪れた主の居ない部屋。清らガールとしてどうかと思いながらも確認せずにはいられない。何度か訪れた事で洗濯物の場所は把握している。
脱衣室に置かれたランドリーボックスには幸い昨日の着衣が入ったままで、迷うことなく手を突っ込んだ。
「…良かった。やっぱり慎ましやかで上品だった」
「何が慎ましやかで上品で良かったのかな?」
それは自分のイメージ通りだったから。
しかし帰宅時間を確認しなかった家主の言葉にやっと目からこぼれた液体は、安心からではなく…ダメージからだった。

スポンサーサイト

テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/09/23(火) 06:30:41|
  2. B.P.D
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。