六華(スキップビート二次小説)

スキビ小説が書きたくなって開きました。いつか雪のように無くなります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Card of cups 17

中へ入ろうとした社の鼻先でドアを閉めると「直ぐ行きます」と声を掛けてリビングに戻りジャケットを手にする。
「あれ?今のチャイム、社さんですよね?」
「うん、急ぐから外で待つって」
キッチンから出てきたキョーコからお弁当を受けとると「ありがとう、いってきます」と風のような早さで玄関を出て、追い付けないキョーコの「いってらっしゃい」にドアの隙間から微笑みで応えた。


「キョーコちゃんに話があったのに!」
車に乗ってやっと言えた不満を無表情で聞いた蓮が社の手元を一瞥すると、漸く口を開く。
「……それ、新しい書類ですよね」
「そうだよ?急がせる気は無いけど他の人に決まったのもあるから定期的に渡さないと。キョーコちゃんがその気になった時に使えなかったら意味無いし…あ、お前から渡してくれる?」
「嫌です」
「え?」
「嫌です」
「……………」
「……………」
「嫌です」
「わ、分かったから…なんだよ、子どもみたいに。大体キョーコちゃんを部屋に入れたのは責任感とか同情からじゃ無かったのか?」
「……………………無かった、です」
小さな声で応えた蓮が、参ったとばかりに溜め息を付く。
「認めますよ、子どもみたいだって。感情に振り回されて周りも自分自身も全く見えてませんでした…本当に好きな相手にはなりふり構えないものだと初めて知りましたよ」
「お、やっと自覚したか。で…告白したのか?」
「昨夜気付いたばかりですよ?彼女は相変わらず俺を雇い主としか見てないし…散々醜態を見せてきた上に焦って嫌われるような事だけは避けたいんです」
「そんな事言ってる間にキョーコちゃん出ていっちゃうぞ?」
軽く口にした言葉に、蓮の表情に影が落ちる。
「だから…出ていけないようにしようかと」
「へ?」
「食器だけじゃなく、服とか…家具とか…荷物を増やせば、そう簡単には…」
「れ、蓮?」
「ああ…物を増やしても居心地悪ければ意味無いですよね…部屋に居る時間は最上さんの方が長いから、彼女に合わせてリフォームを…先ずはカーテンとラグを彼女好みにして…それに合わせてソファーも」
「ちょっと待て!今そんな事したらキョーコちゃん引くぞ!?」
「…………冗談ですよ」
じゃあその間は何だよ!?
突っ込みを入れようとした口を閉ざし、社は不安気に蓮を見る。
本当に子どもなら想像だけで済むが、目の前に居る男は経済力も行動力もある大人。今は嫌われたくないという気持ちがブレーキを掛けているが、それが外れてしまうような事態が起こったら…
「俺が原因で出ていくような事は絶対しません」
「なっ!?」
「何時までも閉じ込めておくつもりもありません。ただ…今の関係のまま離れてしまうのだけは避けたいんです。だから…暫くそっとしておいてくれませんか?」
暫くって、どの位?
きっちりと線を引いているキョーコが今の関係から一歩出るのにどれ位の時間がかかるのだろう?その前に部屋を出る決心をしたら?自覚した蓮の暴走をたった今見ただけに不安が増す。
「…欲しいと言われたら、直ぐ渡すからな」
オブラートに包んで刺した釘に蓮が真剣に頷いたのを確認して書類を鞄にしまう。
ブレーキになると思っていた自覚は思いの外弛いが、 "自分が原因で出ていくような事はしない"という言葉を信じるしかない。
……俺、マネージャー失格?
一つ屋根の下で好きな女の子と二人きりでとか、もし気持ちがまだ不破にあって蓮がそれを知ったならとか。考えれば考える程、担当俳優に対して不安しか覚えない自分に落ち込んだ。









スポンサーサイト

テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/09/24(土) 11:59:03|
  2. Card of cups
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Card of cups 16

キョーコの靴が無い閑散とした玄関で、蓮は気持ちを落ち着かせようと暫く目を閉じてから、ゆっくりと靴を脱ぐ。
…買い物へ行っているだけ、そう、出て行く時はちゃんと挨拶すると言っていた…
"何故夜遅くに"という疑問の答えは容易に想像がつく。
地下にあるスーパーの客はマンションの住人だけではない。自分の帰りは何時ももっと遅いからこの時間に買い物へ行っても夕食の準備は出来るからと、外から来る僅かな人の目を気にして敢えて客の少ない時間を選んでいるのだろう。
それでも不安になるのは、同時に気付いた"自分の知らない間に部屋を出て行く事も出来る"という、あの時早く帰らなければ知らなかった事実からか。
『みっともない』
キョーコの言葉を思いだし、確かにそうだと苦笑する。気が変わっていないかと服もまともに着ないまま慌てて出てきた姿だけではなく、 あの時だけでも、 今だけの話でもなく。
恋人のふりをしようと言った時も、恋人に別れを告げられた後、彼女にあの笑顔を求めた時も…キョーコに黙ってホテルをキャンセルした事も。何時かは必ずその時が来ると理解しながら、子どものような我が儘で理由も分からず引き留めて…
とりとめがない思考と未だ落ち着かない気持ちにコーヒーでも飲もうとキッチンへ入り、ふと違和感に襲われる。何時もと変わらないのに何かおかしいのだろうと思いながら食器棚に手を伸ばし…その正体に気が付いた。
何時もと、キョーコが来る"以前"と変わらない
キッチンは毎日使っているのかと疑いたく程綺麗で、棚には有るとばかり思っていたキョーコのと言えるカップが無い。よくよく思い返せばどの場所でもキョーコの私物を見た覚えが無い。唯一リビングにあったあの雑誌はいつの間にか消えている。一度入ったキョーコの部屋でさえ、直ぐ…今出ていったと言ってもおかしくない状態だった。
…引き留められるのが嫌で、挨拶を後にしたなら
ホテル?一時身を寄せていた友人の家?それとも…新しい部屋?
思わず飛び出そうとした玄関先で何も知らない事に気付き、呆然と立ち竦む。
携帯に連絡してもキョーコが出なければ探し出す事も手掛かりを掴む事も出来ない。
自分の知らない場所から先の、最上キョーコ。
真面目で頑張り屋な性格だけで繋がっている仕事上の、上辺だけの関係では決して見せないだろう、知る事が出来ない世界…
…だから会いたいと、声が聞きたいと思うのか
見つめるだけしかないドアが開き、入って来たキョーコが蓮の姿に一瞬驚いた後、笑顔になる。
「おかえりなさい敦賀さん。ごめんなさい、今すぐ夕飯の準備をしますから」
「…行こう」
「はい?」
「最上さんのカップを買いにいこう」
ぽかんとするキョーコから素早く持っていた荷物を取り玄関へ置くと、そのまま手を引き今入って来たばかりドアを出て、廊下の先にあるエレベーターに乗る。
「下のスーパー、食器も売ってるよね?」
「う、売っていますけど、いくら住人の口が固いからと言っても二人揃っては流石に」
「皆早く帰りたくて誰がいるかなんて気に止めないよ」
親指で繋いだ手の甲を撫でる。
ほんの僅かな時間、同じ場所に居て少し言葉を交わしただけの相手。
あの時の笑顔を見る事が出来たら、それでいいと思っていた。
…"愛している"という笑顔を自分にではなく、他の男に向けるのを見て、それでいいと言えるのか?
「…夜は部屋に居て、俺を待ってて。出来ないなら連絡して。俺の仕事なんて…タイミングなんて考え無くていいから、何時でも、直ぐ連絡して。取れなければ直ぐ折り返すから、携帯を離さないで」
側に居ないと不安になる。
そして側に居るだけでは物足りない。
気持ちを求めて時には我が儘で振り回してでも相手の世界に入り込んで、自分の存在を植え付け、身体だけでなく心も触れて、繋ぎ止める。
なんて身勝手な感情。
でももう否定できない。
そしてもう、笑って離すこともできない。





テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/05/02(月) 10:55:07|
  2. Card of cups
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Card of cups 15

必死に考えた末の自分の行動が蓮を困らせる事に気付いたのは、お昼を過ぎてからだった。
い、如何にも手作りのお弁当を見た人が誤解したらまた大変な事になるんじゃ…!
"敦賀蓮に恋人がいる"という仮定がどれだけ周りに影響を及ぼすか、身をもって知っているのに。
「誰も見ていませんように…っ、敦賀さんが一人で食べていますように…っ、誤解されませんように…っ!」
「ただいま」
真っ青になりながら、のろのろと動く時計の針に向かい念仏のように祈りの言葉を唱えて過ごしたキョーコの耳に待ちわびた声が届いて玄関へ勢いよく飛び出した。
「おかえりなさい!お弁当…!」
「うん、美味し「ごめんなさい!」
「え?」
顔を見る事が出来ず、謝るしかないとひたすら頭を下げ続ける。
「他の人の誤解を招くような真似をして困らせてごめんなさい!お弁当を作るしか思い付かなかったとはいえ、敦賀さんにご迷惑を掛けては何の意味も…!」
「最上さん?落ち着いて…俺が何を誤解させて困るって?」
「手作りお弁当を作った人がいると思われる事です!」
「誤解も何も、本当に作ってくれた人がいるんだから」
「だから!お弁当を作る程親しい女性がいると思われたら大変な事になるでしょう!?一人でしたか!?誰にも見られませんでしたか!?誰が作ったかって聞かれたりしませんでしたか!?」
「…大丈夫、食べたのは控え室で…社さん以外誰もいなかったから」
「良かった…」
やっと胸を撫で下ろし、紙袋が差し出されていたのに気が付いて手を出しても渡そうとしない蓮を不思議に思い顔を上げた。
「あの…?」
「…ずっとお願いしたいんだけど」
「え?でも」
お弁当作りしか思い付かない自分としては有難いし、それで元気付けれるなら続けたい。でも前例があるだけに"もしも"が起これば今度は取り返しの事態になるかもしれない。暫く迷い、やっぱり止めた方がと改めて見た蓮の表情にキョーコは思わず息を詰めた。
す、捨てられた仔犬のような目をしてる…っ!?
何故どうしてと硬直するキョーコに"お願い"と言わんばかりに蓮が少し首を傾ける。
「絶対誰にも見られないよう、気を付けるから…ね?」
ぼんっと顔が赤くなるのが分かった。
身体も大きな立派な成人男性が、そんな甘えるような仕草をするなんて…っ!
「ぜぜぜ、絶対、ですよっ!絶対誰にも見せないって約束してくれるなら!」
「うん、約束する」
失礼にも可愛いと緩んでしまいそうな表情筋に力を入れて言ったキョーコに蓮が向けた安心したような微笑みが眩しい。

…もう!恭子さんに対してあんな顔やそんな事が出来たら、別れる事にならなかったんじゃないかしら!?

逃げるようにキッチンへ飛び込み、ばくばくする心臓を落ち着けようとスープの入った鍋をお玉でぐるぐるかき混ぜながら考える。
怒ったり我が儘言ったり甘えたり、そんな"想像出来ない姿"を見せてたら悲しむ事にならなかったんじゃ…
「……………」
自分も尚に対して、怒る事も我が儘言う事も甘えたりする事もしなかった。
"歌手不破尚"に相応しい恋人である為に見栄えを気にして、めんどくさい女だと思われないよう態度に気を付けて。
恭子に対して何処か冷たく感じた態度も、嫌われたくなくて"俳優敦賀蓮"でいたのかもしれない…
「火、点いてないよ?」
「はい?」
反射的に下を向いたキョーコの目に映ったのは、ガスのスイッチを押す蓮の長い指先と灯る青い炎。
「しっかりしていると思っていたけど…最上さん、案外おっちょこちょい?」
お風呂に入っていた筈の蓮が横に居て、微笑んで首を傾げた拍子に濡れた髪から滴が落ちる。珍しく雑に着た、広く開いたシャツから鍛えられた身体が見えて落ち着いていた心臓が大きく跳ねた。
「明日のお弁当のおかずを何にしようか考えてて、たまたま忘れただけです!もう、髪がまだ濡れてるし服もちゃんと着て下さい!だらしないし風邪を引きますっ!」
そう、自分も彼も
好きだからこそ間違えてしまった


     


テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/03/01(火) 13:25:47|
  2. Card of cups
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Card of cups 14

頬を染め俯いたキョーコがおずおずと紙袋を差し出す。
「お弁当です…その、お仕事先で用意して頂いていると仰っていたのは覚えているんですが…」
「…ありがとう」
「い、いってらっ…しゃい」
受け取ると、そのまま下がりそうになった頭を慌てて上げて小さく手を振るキョーコの姿を見て、やっと"恋人のふり"を考えた結果なのだと気が付いた。

…初めて会った時も思ったけど、ちょっとした仕草が最上さんは可愛いんだよな…

怒ったように頬を膨らます顔。
磨りガラス越しに見た、何処かにぶつかって慌てる姿。
今朝の、少し困ったように眉尻を下げ上目遣いに自分を見る仕草。

思い出す度に緩む気持ちを何度目かに引き締めた蓮を、社が横目でじろりと睨んだ。
「…何があったか白状しろ」
「何もありません」
「俺を誤魔化そうとしても無駄だぞ!お前は今!意識して敦賀蓮でいようとしている!原因は何だ!?その紙袋か!?キョーコちゃんから貰ったんだろ!?お弁当か!?何故いきなり作り出したんだ!?」
「何でも最上さんに繋げるのは止めて下さい」
「らしくない事は全てキョーコちゃんに繋がっていると言ったろう!お前まさか、変な事」
「してません」
「本当だな?頼むから暴走だけは止めてくれよ」
「人を壊れたロボットみたいに言うのは止めて下さい」
不機嫌そうに顔をしかめた蓮に社は内心笑う。担当俳優は人間性も演技力も非の打ち所が無いマネージャーとして誇れる存在だが、その完璧さが人としての魅力を欠いていると常々思っていた。例えるなら、カメラ越しに見るような現実味の無さ。
それが無くなったのは誰とも、それが例え"恋人"でも深く関わろうとしなかった蓮がキョーコに対して抱いた初めての"特別な感情"からだろう。
何時か何処かで歪みが出るのではと心配していた身としては喜ばしいが
「暴走は頂けないよな…」
問題は蓮自身が気付いていない事。
いっそ焚き付けて自覚させた方がセーブ出来るかもしれないが、キョーコの方はどう思っているのか。一方的に告げられた別れだったから不破に対してまだ心残りがあるかもしれない。その場合によっては
「更に暴走しそうだしな…」
「暴走暴走って、いい加減にして下さい」
「や、でも自分の為に頑張って早起きしてお弁当作るなんて可愛い事されたら、こう、ぐらっと気持ちが揺さぶられるよな?な?」
社の言葉に本格的に不機嫌になっていた蓮からふと怒気が消える。
「……………そう…最上さんは生真面目で…頑張り屋ですよね…」
「え?ああ、うん…俺もそう思うよ
?聞く側が不安になりそうな状況でも前向きに物事を考えているし、蓮が思い付きで言っただろう仕事をちゃんとしているのは言葉や態度から分かるし…」
「…やっぱり…そうですよね」
何か考えながら椅子に腰を下ろした蓮の、先程とは打って変わった落ち込む様子に社は首を傾げた。




テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/02/06(土) 10:38:47|
  2. Card of cups
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Card of cups 13

敦賀さんは淋しいんだ
雑誌の中で笑う"恭子"を見ながら考える。
あの時「無理です」と言いたかった。自分に何も言わないままホテルをキャンセルしたと聞いた時も「どうして」と聞きたかった。その言葉を口にする事無く受け入れてしまったのは…蓮が酷く悲しそうだったから。
恭子さんを失った悲しみを何かで埋めたかったに違い無い。それが偶々側にいた自分だっただけの話で、彼ならきっと直ぐ新しい恋人が出来る…うん、恭子さんの代わりなんて畏れ多い事は出来ないけれど、気を紛らわす事位なら…
玄関のドアが開く音に慌てて雑誌をテーブルの下に隠したと同時に「ただいま」とリビングへ入ってきた蓮に、さっきしたばかりの決意が脆くも崩れ去り動けなくなる。
「お、おかえりなさい、ませ」
どうすればいいのかと身体を固くして悩むキョーコに、蓮も困ったように微笑んだ。
「そんなに困らないで…普通にしてくれたらいいから」
「…普通が、分からないんです」
「分からない?」
「その、アイツとは付き合い始めて直ぐ、私から連絡する事も会いに行く事も 出来なくなって…特殊な職業ですし、は…初めての恋人だったので、どう接していいか考えている内に分からなくなってしまって…ただ側にいるだけになって…」
「キスもしたこと無い?」
滑り出た言葉に真っ赤になり俯いたキョーコが微かに頷く。
「…そう」
「で、ですから、"ふり"をしようにもどうすればいいのか」
「簡単だよ」
「はい?」
「相手が誰かなんて考えず、一番最初の、恋人が出来たら"したかった事"をすればいいから」
恋人に、したかった事?
バスルームへ向かう背中を呆然と見ながら反芻する。
一番最初って、アイツと付き合う前という事…よね?
思い出すのは高校時代の、社会人と付き合っていた同級生ののろけ。聞きながら"私も何時かするんだろうか"と考えた事がある。
休日に二人で何処かに出掛け
「たら、恐ろしい事に…って、敦賀さん一日どころか昼間に部屋に居た日が無いんだけど…お休み、あるはずよね?」
御飯を一緒に食べて
「…いるし」
彼の部屋へ行って洗濯や掃除など身の回りの世話を
「お仕事としてしてしちゃってるし」
離れたく無いとそのままお泊まりして
「もう既に、と言う居らざるを得ない状況だし…他には…」
朝になれば仕事に行く彼をいってらっしゃいと
「…言葉を改める位は出来るわね」
お見送りのキス
「って、本当の恋人じゃないんだからそこまでする必要はありません!」
一気に血が上った頭を床に思い切り打ち付る。
やっぱり良く分かんない!
恋人の筈だった尚に対しても迷っていたのに"ふり"だけの蓮にどう接していいのか分かる訳が無い。
敦賀さんが言い出したんだから、もっと具体的に言ってくれてもいいんじゃないかな!?
恨むような気持ちでバスルームの方へ視線を向けて、蓮が入ってから大分時間が経つというのに出て来た気配が無いのに気が付いた。
「…敦賀さん?」
向かったランドリールームのドア越しに声を掛けるが、無い返事に先程浮かんだ疑問が不安を呼んだ。
そんな様子は無かったけど…疲れて湯船に浸かったまま寝てしまった、とか、過労でた、倒れてる、とか
ドアに手を掛ければ鍵は掛かっていない。意を決しきゅっと目を瞑り足を踏み入れその奥にあるバスルームへと向かう。確かこの辺りに洗面台がとさ迷わせた手にコップらしき物が触れ、落ちた鈍い音と共に水音が立った。
「つ、敦賀さん?大丈夫ですか?」
「え?」
「その、お風呂に入っている時間が何時もより長いので…バ、バスルームの外からもお聞きしたんですが声が届かなかったみたいで、失礼だとは思ったんですが、えと、な、何か問題でも」
「いや…大丈夫。もう出るから」
「は、はい!」
慌てて方向転換すると今度は身体がランドリーボックスらしき物に勢い良くぶつかり、短い叫び声を上げた。






テーマ:二次創作小説 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/01/31(日) 15:36:00|
  2. Card of cups
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。